健康検定とは?

年々高まる、健康志向。テレビでは健康情報番組がゴールデンタイムの枠を占め、雑誌や書籍、WEBサイトなど各メディアにおいても健康情報は露出頻度が増加の一途を辿っています。 しかし、情報が増えすぎたあまりに「それって本当?」「どっちが正しい?」と困惑していませんか?

健康検定は栄養・運動・休養を中心に健康に関わる正しい知識を身につけて頂くために医師、管理栄養士などの健康のエキスパートが問題を作成し、健康に関する正しい知識を習得頂くための検定です。

詳しくはこちら>>

どんな試験?

栄養、運動、休養のジャンルから幅広く出題されます。
キーワードは"健康"なので健康にまつわる情報から医師、管理栄養士などの健康のエキスパートが正しい情報を精査し問題を作成しています。
難易度レベルに応じて1級~4級といった級を設けております。ご自身のレベルに合わせて受験することが出来ます。
受験条件は一切ありません。健康に興味がある方、健康な生活を目指している方ならどなたでも受験できます。
郵送による受験が出来ますので、いつでも好きな時に受けることができます。
個人での受験だけでなく、企業や学校など団体でのお申込みも可能です。(問題アレンジのご要望も承ります。)

まずは練習問題でどのような試験なのか体験してみませんか?>>

インフォメーション

2016/07/21
 

img_34f684ccae7ee23aabce7a0728f57d4176350

 

決して「美味しい!」とは言いがたい子供の頃の学校給食。でも何だか懐かしくなることってありますよね。どんな献立にもついてくる牛乳や、ポソポソしたコッペパン、ビニール袋に入っているソフト麺やきな粉がまぶしてある揚げパン。ふと思い出したりしませんか。

実は今、給食レシピが本にまとめられたり、給食が食べられる飲食店があったりと大人気。

それもそのはず、今の子供たちはママ世代とは違って、本当に美味しい給食を食べている学校がほとんど。その理由についてご紹介いたします。

懐かしい!それとも、知らない? 給食の進化

子供のころ食べた、なんとなくパッとしない給食。そもそも給食は明治22年から山形県の私立小学校で貧困児童のためにスタートしました。当時は栄養バランスよりも、おにぎりに漬物、塩シャケといったお腹を満たすための食事を提供していました。

その後昭和27年から、全国の小学校で給食がスタートしたのです。その後昭和50年ごろからは給食全体を管理する「学校栄養職員」という役職がでてき、給食の“質”を上げるように多々検討されてきました。

さらに、平成13年ごろから、地産地消で、地元野菜を取り入れる学校が増えてきて、鮮度良い野菜を食べることが可能となっています。

主食が「ご飯」になったのは、割と最近!?

続きはこちらへ

2016/07/19
 

壮快 9月号にあずきスープに関し、理事長 望月がインタビューを受けました。

今年4月に放映されたナイナイアンサーのダイエット企画にて考案した

あずきスープについてです。

スクリーンショット 2016-07-16 13.09.24

 

AKB48 島田晴香さんが番組であずきスープにチャレンジされた時のインタビュー

そしてアドバイスをさせていた頂きました

CiGNznoUgAA4gRz-300x169

 

 

IMG_5162

 

 

IMG_5748

 

 

IMG_5749

是非、ご覧くださいませ。

2016/07/13
 

食事制限、カロリー計算など、ダイエットというと、ストレスがたまることが多いですよね。朝、昼はなんとか調整できても、家族団欒の場でもある夕食に自分だけ別のものを食べるというのも気が引けます。
特にダイエットのKeyとなるのは、一番摂取カロリーが高くなりがちな夕食。だからこそ、制限なく、食事を楽しみながら、自身や旦那様、お子さん、家族の健康管理ができるちょっとしたコツを身につけたいですよね。
今回は、いつもの定番料理をちょっとした工夫でカロリーカットできる技をご紹介します。

理事長 望月 投稿記事になります!

以下こちらへ

 

img_0f915d676522cd55737c0693b32a27ee68650

 

健康情報

Dr.コラム

スタッフコラム

メールマガジン登録オンライン健康検定

↑TOPにもどる