スタッフコラム 健康検定協会スタッフからのおたより

HOME

Recent entry 最近の記事

テレビ東京 旅グルメ 取材記事です。「カツオ節は世界に誇るスーパーフード! その知られざるパワーに注目!」

2016/09/09

理事長 管理栄養士 望月理恵子が取材を受けた記事になります。

御一読くださいませ。

 

gui1rnix80

出汁をとったり、お料理にトッピングしたりと、和食には欠かせないカツオ節。風味豊かでおいしく栄養豊富、お疲れ気味な身体にもおすすめの食材と言われています。そこで今回は、管理栄養士の望月理恵子さんにカツオ節の栄養素や特徴を教えてもらいました。

カツオ節は削り方で料理に合わせるべし!

普段何気なく使っているカツオ節は、どのようにして作られているのでしょうか。 「カツオ節は、大きく分けると“荒節”と“枯節”の2種類。私たちがよく目にし、流通の9割を占める“荒節”は、カツオを煮詰めて燻製にすることで出来上がります。一方の“枯節”は“荒節”にカビ付けと天日干しを施した発酵食品で、カツオの身を水で煮て何度か燻製した後にカビをつけて寝かし、熟成させて作ります。手間がかかる分、価格も高めです」(望月さん) カツオ節は「世界一硬い食材」としてギネスブックにも登録されているんだとか! 料理に使う際には削って使うことがほとんどですが、その削り方によって使い方が異なるそうです。

 

gui1rnkvo0

 

 

<削り方とおすすめの使い方の組み合わせ> ・本節けずり・・・出汁や冷奴などのトッピングに ・花舞けずり・・・澄まし汁のような透き通った出汁をとるときに ・厚けずり・・・濃いめの出汁をとるときに ・ソフトけずり・・・出汁やトッピングに ・花けずり・・・トッピングに ・糸けずり・・・繊細な和食の飾りに ・粉けずり・・・汁物やトッピングに ひとえにカツオ節といっても、削り方ひとつで料理との相性も変わってくるんですね。ちなみに、荒節だとあっさりとした風味の出汁に、発酵食品である枯節だとまろやかなコクのある出汁に仕上がるのだとか。作る料理に合わせてカツオ節をチョイスすると、よりおいしく味わえそうですね!

見かけによらず栄養満点!? タンパク質とアミノ酸が豊富なカツオ節

続きはこちらへ


 

メールマガジン登録オンライン健康検定

↑TOPにもどる