スタッフコラム 健康検定協会スタッフからのおたより

HOME

Recent entry 最近の記事

テレビ東京旅グルメ取材記事 おいしいだけじゃないマグロの秘密!

2016/10/10

日本かつお・まぐろ漁業協同組合が制定した

7d3a3e6485109334817e49c3965c03d4_s

まぐろの日

神亀3年(西暦 726)10月10日 山部赤人はこの日、
聖武天皇のお供をして明石地方を旅し、
鮪(まぐろ)を獲って栄えているこの地を讃えて
万葉集にて詠ったため。

まぐろと一言にいっても、
マグロの王様で高級品とも言われるクロマグロ(ホンマグロ)や、
ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロなど種類も豊富!

今回はテレビ東京旅グルメ記事で、理事長 望月が取材を受けました。
その中でまぐろの部位別の栄養分も紹介しました。

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

赤身

8e18c632228dbffd9b148ec2509d01ba_s
良質なたんぱく質が豊富。筋肉や臓器、皮膚、髪などを正常に保ち、脂肪肝を防ぐ効果が期待できます。
また、抗酸化作用のあるセレンも多く、老化を遅らせたり免疫力を高める働きがあるといわれています。
このほかカリウムも多く、塩分や脂質(コレステロールを含む)が少ないのが特徴です。

トロ

ddf36bf6869f2772a0900cb33c94b513_s
この部分に多く含まれるのはDHAやEPA。
血液中の善玉コレステロールを増やす一方、中性脂肪を減らし、血栓を溶かす働きがあります。
動脈硬化や高血圧の予防、脂質異常症の改善に効果が期待できます。
また、抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンEも赤身より多く含まれています。

血合い

0b537659e7fcc705552c6f5bcb9f5475_s
栄養ドリンクなどでお馴染みのタウリンが多く含まれています。
肝臓の機能を高め、コレステロールの代謝を促したり血圧を下げる効果が期待できます。
DHA、EPAも多く含まれるほか、鉄分も一番多い部分です。
通常、鉄分は吸収率が良くないのですが、血合いに含まれるのは吸収の良い鉄分になります。

続きはコチラ
マグロを食べて女子力アップ! おいしいだけじゃないマグロの秘密

メールマガジン登録オンライン健康検定

↑TOPにもどる